TOP > メディア > 急減速発生地点データの活用事例(1)

急減速発生地点データの活用事例(1)

急ブレーキ多発箇所の安全対策

埼玉県様はFCDの分析を行い急ブレーキ多発地点に対策を行い、急ブレーキが多発している箇所を特定して安全対策を施すという取組を行いました。



平成23年度までに160か所で対策実施した結果、急ブレーキが7割、人身事故も約2割減るなど大きな効果がみられています(※1)

 

※1:埼玉県公式ホームページ
「ビッグデータの活用 カーナビデータによる道路危険箇所の解消」
http://www.pref.saitama.lg.jp/a1001/dousei1006/dousei068.html
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加