TOP > メディア > 日光の渋滞対策実証実験

日光の渋滞対策実証実験

日光の渋滞対策実証実験

日光の渋滞対策実証実験についてご報告させていただきます。

日光東照宮へ向かう道路は、紅葉シーズン(10月中旬から11月初旬のおよそ3週間)に急激に渋滞します。特に日光山内に通じる日光橋の架かる「神橋交差点」と「国道119号線(ロマンチック街道)」が渋滞します。

さまざまな渋滞緩和策が講じられていますが、今回官民共同で、Hondaインターナビフローティングカーデータを使ったリアルタイム旅行時間表示サービスを用いて、県道日光今市線経由で臨時駐車場に到達するまでの時間を案内する試みが実施されました。


実験内容・結果については。以下のURLに掲載しました。

「日光の渋滞対策実証実験」
202003_FCD_nikko_report.pdf をご参照ください。
https://traffic-probe.jp/document.html

リアルタイム旅行時間表示サービス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加