選ばれる理由

TOP > 選ばれる理由

プローブデータは、 見えなかった交通を見えるようにします。

実際に走行している自動車をセンサーとして得られる走行軌跡情報をプローブデータと言いますが、このデータは日本全国を走行する数多くの自動車から収集され、膨大な数の情報が蓄積されています。このプローブデータを、目的に応じて抽出・解析することで、渋滞解析、商圏分析、運転危険個所特定などさまざまな目的の情報を得ることができます。
プローブデータを活用すれば、見えなかった交通の法則が見えてきます。

さまざまな交通解析が可能です。

選ばれる理由 1 さまざまな交通解析が可能です。

プローブデータを解析し得られる情報のひとつに「リンク旅行時間」があります。これは交差点から交差点までの道路区間(これをリンクと言います)を走行するのにかかる平均時間のことで、平均走行速度を求めるデータのもととなるものです。これによりどの道路のどの区間が渋滞しているかわかるため、渋滞対策の検討に利用できます。
また、急ブレーキをかけた場所(急減速発生地点)の情報は、交通事故分析、安全対策などの検討に活用できます。
さらに、ロードサイド店舗の出店検討には、候補エリアの交通の流れ(交通流)をプローブデータで解析し、最適な出展場所を特定することも可能です。

事例・実績紹介
データ量が豊富なため、信頼性の高いデータ解析が可能です。

選ばれる理由 2 データ量が豊富なため、信頼性の高いデータ解析が可能です。

住友電工システムソリューションでは、本田技研工業株式会社の「インターナビフローティングカーデータ」のプローブデータを提供しています。
インターナビフローティングカーデータ(FCD)は、世界に先駆けて2003年よりプローブ情報の収集を開始、2015年にはプローブデータ提供車両は150万台を超え、毎日2,300万kmのデータが収集されています。このデータはすべて自家用自動車から得られ、営業車や貨物車を含まないため特定の道路に偏ることなく信頼性の高いデータとなっています。
 
なお、インターナビフローティングカーデータ(FCD)は民間利用時に制限があります。詳しくはメールにてお問い合わせをお願いたします。

データ一覧はこちら
購入してすぐに使用開始できます。

選ばれる理由 3 購入してすぐに使用開始できます。

住友電工システムソリューションが提供するプローブデータは、高いマップマッチング技術により、デジタル地図上の道路と実際の走行軌跡がずれることの無いよう対応付けしてご提供します。このため、データ購入後すぐにExcelやデータベースソフトにて集計・解析ができます。
また、容易に地図上でデータを解析するために、プローブデータを地図上に表示するための専用ソフトウェア「プロタナス」(株式会社KCS社製)の利用も可能です。

導入の流れ